毛虫皮膚炎にご注意!

毛虫の被害による毛虫皮膚炎で受診される方が増えています。

毎年、春と秋にチャドクガをはじめとする毛虫が卵から羽化し、大量発生するため被害に遭う方が急増します。

外遊びをするお子様や庭木の手入れをする方が被害に遭われやすいと言われていますが、お散歩コースや通学路に、ツバキやサザンカ等の木がある方も、この時期、注意が必要です。

毛虫皮膚炎とは、毛虫の毛に見えるものが、実は毒を持った極細の針(毒毛針)で、それが何らかの原因で肌に付着することによって、アレルギー反応を起こし発疹が現れます。特に被害の多いチャドクガは、全身に約50万本もの毒針毛を持っている為、毛虫が好む木の下を通っただけで、風に飛ばされた毒針毛が付着して皮膚炎になってしまう事もあります。

毛虫1毛虫1毛虫1毛虫1毛虫1毛虫1毛虫1

 

毛虫が付着した直後はほとんど自覚症状がなく、数時間してから、ピリピリとしたかゆみが出てきます。紅色の小さく盛り上がった発疹で、発疹どうしは、融合せず痛痒さを感じます。1~2日程で米粒大の赤い斑点ができ、その周囲にも同様の湿疹ができます。

毛虫と接触した場合は、決して患部をこすらず、粘着テープで毒針毛を剥がしとってから、お水で洗い流してください。衣類は、洗濯をしてください。

 

毛虫皮膚炎は、強い痒みを伴うため、どうしても掻いてしまいますが、掻くことで皮膚にささった毒針毛をさらに皮膚の奥にさすことになり、症状が悪化し、完治するのに時間がかかってしまいます。早めの治療が大切です。

お心当たりのある方は、早めの受診をお勧めします。

2016年10月7日5:11 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

お電話でのお問い合わせは045-508-2121

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中   診療中 診療中 診療中
15:00~19:00 診療中 診療中 診療中   診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※木曜・祝日は休診