花粉症は早めの治療が大切です

 花粉症とは原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります
日本では、
60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。

 

主な症状

〇鼻がムズムズする

〇鼻水

〇目のかゆみ                             

〇喉のかゆみ

〇くしゃみ         

〇皮膚のかゆみ

〇頭痛

〇イライラ

 

8b83f73caadad4338a9488f5843d4791                    

 

花粉飛散開始時期は1月下旬から始まり2月中旬頃からピークとなると言われています。2月に入り、内服薬をご希望の患者様が増えてきています。

19-1 

 

 

 

花粉症の症状が出る前から、お薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。

 

花粉症の治療薬には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などがあります。花粉症のお薬といえば、眠くなるといった副作用がよく知られていますが、

最近では眠気やだるさもほとんどなく自動車の運転や危険を伴う機械の操作に対する影響が少ないと言われている新しいお薬も沢山出ています。

また、ジェネリック医薬品の選択も可能となっております。

 

 

早めに医師の診察を受け、ご自身にあった治療薬の選択をご相談下さい。illust1762

2017年2月7日6:59 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

お電話でのお問い合わせは045-508-2121

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中   診療中 診療中 診療中
15:00~19:00 診療中 診療中 診療中   診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※木曜・祝日は休診