手荒れについて

手、指は皮脂腺が少なく、皮脂膜も薄くなっています。

そのかわり角質層が厚くなっていて保護する役目を果たしています。

その角質層も石鹸や洗剤などを使って頻繁に水仕事をしたり、指先をよく使った後にお手入れをしないと水分が失われやすくなります。

また、さらに摩擦刺激が加わると厚い角質層は弾力性を失い、ひび割れてしまいます。

 

手荒れになりやすい人

指先を多く使うことが多い人、特に主婦、美容師、医療従事者、飲食店、銀行員などによくみられます。

また、小児期にアトピー性皮膚炎を患ってた方は外からの刺激に弱いため起こりやすいです。

手荒れ

 

日常生活で心がけること

①保湿をする

ハンドクリームや医療用の保湿剤をこまめに塗ることが大切です。

②お薬を塗りましょう

ひび割れ、痛みが強い場合は病院で処方された塗り薬と保湿剤を併用しましょう。

③刺激を避ける

綿の手袋を着用して直接刺激を避けましょう。

水仕事などはゴム手袋の着用し、直接洗剤に触れるのを避けましょう。

④手を洗いすぎないこと

水、お湯で手を洗いすぎてしまうと症状悪化の原因になります。

手を洗った後は、保湿剤や塗り薬を塗りましょう。

手荒れ

 

気温も下がり、乾燥もする季節となりました。手荒れでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 

 

 

2017年10月24日1:01 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

お電話でのお問い合わせは045-508-2121

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中   診療中 診療中 診療中
15:00~19:00 診療中 診療中 診療中   診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※木曜・祝日は休診