マラセチア毛包炎について

「マラセチア毛包炎」という言葉を聞いたことがありますか?

 

マラセチアとは、誰の皮膚上にでもいる真菌(カビ)の1種です。

皮脂や湿気を好んでいるため、額などの汗をかきやすい部分や、胸や背中など汗をかいたあとに湿気が残る部分に繁殖することが多く、

毛穴の奥で菌が増殖し、炎症を引き起こすことがあります。これがマラセチア毛包炎です。

発症に男女差はなく若年~中年まで幅広い世代で見られます。

見た目はニキビのように見えますが、原因が異なるため、症状に合った正しい治療が必要です。

 

治療はニゾラールなどの抗真菌外用薬(塗り薬)が主です。

薬を塗り始めてすぐに治るわけではないため、約1~2か月、症状がなくなるまで継続してお塗りいただくことが大切です。

また、これから夏を迎えるにあたり、肌を清潔に保つようにより心がけていただくことも大切です。

 

例えば

・スポーツ後など汗をかいたあとはTシャツや肌着を替える

・汗が乾きやすい服、熱気が逃げやすい服を選ぶ

・お化粧は必ず落としてから寝る

・外出後、お家に着いたら軽くシャワーを浴びる

・適切に冷房器具を使用し、不要な発汗を抑える

 

 

2018年5月22日12:56 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

お電話でのお問い合わせは045-508-2121

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中   診療中 診療中 診療中
15:00~19:00 診療中 診療中 診療中   診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※木曜・祝日は休診