もしかして、爪水虫!?

寒い日が続き、靴下の欠かせない時期になりましたね⛇

ふと自分の足を見た時、爪が厚くなっていたり白く変色していたりしませんか⁇

そのような症状が、実は「爪水虫だった」ということがあります!

 

「水虫って爪にもなるの?」と思われる方もいるのではないでしょうか?

爪水虫は一般的な呼び方で、正式には「爪白癬」といいます❢❢

 

爪白癬ってどんな病気?〉

主に白癬菌というカビが原因の感染症です。

足や手指に感染した白癬菌が放置されて、爪まで広がったものです。

自分の体の他の部位や、周りの人にもうつる可能性があります(+o+)

 

爪白癬は治るの?〉

治療には、原因の白癬菌を退治する薬が使われます。

治療を始めると、根元からきれいな爪が徐々に生えてきます★

完治には爪が生え変わるまでの時間がかかるので、根気よく治療を続ける必要があります。

 

爪白癬の治療法は?〉

白癬菌などの真菌を死滅させる抗真菌薬が用いられます。

抗真菌薬には塗って治す外用薬と、飲んで治す内服薬があります。

それぞれに特徴があるので、その人に合った方法で治療をしていきます(*’▽’)

 

見た目だけでは、白癬菌がいるかどうか分からないので

気になる方は、ご相談にいらしてください♪

 

参考:科研製薬株式会社 「クレナフィンを処方された患者さんへ 正しく知ってきれいな爪を取り戻しましょう!」

2020年2月7日4:08 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

お電話でのお問い合わせは045-508-2121

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中   診療中 診療中 診療中
15:00~19:00 診療中 診療中 診療中   診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※木曜・祝日は休診