アトピー性皮膚炎治療薬「デュピクセント」注射のご紹介💉

アトピー性皮膚炎の注射治療薬「デュピクセント」についてのご紹介です💉

 

 

 

💉「デュピクセント」とは

アトピー性皮膚炎は、「炎症」「かゆみ」「バリア機能低下」の3つの要素が関係しあい、悪循環を形成します。どれか1つだけではなく、3つすべてに着目し、良い状態を長く維持することが大切です。「デュピクセント」は皮膚の炎症を引き起こす物質の働きを直接おさえることで、「炎症」「かゆみ」「バリア機能低下」のすべてに対する効果が期待できる注射治療薬です。

 

「デュピクセント」自己注射が可能な薬剤であるため、

🔵通院にともなう時間的な制約や負担が軽減できる

🔵通院日を調整できるので、仕事や旅行などの活動範囲が広がる

などのメリットがあります。

 

 

💉導入できる方

今までの治療法で十分な効果が得られない成人アトピー性皮膚炎の方

※アトピー性皮膚炎に対する治療では15歳以上の方が適応となります。

 

 

💉導入までの流れ、スケジュール

①医師による診察

あらかじめ診察を受けていただき、「デュピクセント」の導入適応であるか医師が判断いたします。適応となった場合、医師・看護師から「デュピクセント」導入にあたっての詳しい説明がございます。

※症状の程度等により適応でない場合もございます。

 

「デュピクセント」院内注射開始

1回目のみ2本を皮下注射します。2回目以降は2週間に1本を皮下注射します。

1回目と2回目までは院内注射が必須です。看護師より自己注射する場合の手順をご指導しながら実施していきます。

 

「デュピクセント」自己注射開始

手技に問題がなければ3回目よりご自宅等での自己注射が可能です。自己注射移行後は医師の指示に従って定期的に受診していただきます。

※必要に応じて自己注射指導は何度でも受けていただくことが可能です。安心して自己注射していただけるようサポートいたします。

※院内注射の継続も可能です。

 

 

アトピー性皮膚炎には今回ご紹介した「デュピクセント」を含め様々な治療法があります。ご症状に合わせた治療をご提案させていただきます。

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は是非一度ご相談にいらしてください😊

 

参考:サノフィ「デュピクセントを使用される患者さんへ ―アトピー性皮膚炎-」パンフレット

 

横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅

あやめ皮フ科スキンケアクリニック 予約不要 土日診療

アトピー性皮膚炎 デュピクセント デュピルマブ

2022年8月22日4:09 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

お電話でのお問い合わせは045-508-2121

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中
15:00~19:00 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日は休診