疥癬(かいせん)になったらどうすればいいの?

12月に入り、寒い日が続きますね
お家でゆっくり過ごされる方も多いと思います⛄

ふゆ イラスト

なんだか身体がかゆい、ポツポツと赤い点がある、小さな皮剥けがある…
このような症状が出ている方はいらっしゃいませんか?

 

秋冬疥癬(かいせん)が流行しやすい季節で、特に病院高齢者施設養護施設で働いている方、そのご家族は注意が必要です(*_*)

今回は、ご自分や周りの方が「疥癬」になった時の注意点についてお話いたします。

「疥癬(かいせん)」についてはこちらをクリック→そのかゆみ、もしかして疥癬(かいせん)?

 

<疥癬の治療>

治療には、ヒゼンダニを殺すことを目的とした塗り薬、または飲み薬が使われます。

お薬の使い方ややめる時期については医師の指示がありますので、ご受診ください

ぬり薬イラスト飲み薬

<ご家族や周りの方が疥癬になってしまったら>

①通常疥癬

・長い時間、肌と肌が直接触れ合わないように

・同室で布団を並べて寝ない

・タオルなど肌にふれるものを一緒に使用しない

②角化型疥癬

・なるべく個室を用意する

・感染力がとても強いので、接する時は予防着や手袋を着用する

・衣類や寝具はこまめに交換し、取り扱いは別にする

・洗濯物は他の方と別に扱い、乾燥機を使用するか50℃以上のお湯に10分以上浸した後に洗濯する

 

 

疥癬は人にうつすことのある病気です(*_*)

症状に心当たりのある方はお早めにご受診ください

看護師お辞儀

参考:マルホ株式会社 「疥癬のおはなし」パンフレット

横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

予約不要 土日診療

 

2020年12月4日2:55 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

お電話でのお問い合わせは045-508-2121

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中   診療中 診療中 診療中
15:00~19:00 診療中 診療中 診療中   診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※木曜・祝日は休診