乾癬ってどんな病気?

最近は気温が毎日変わり、ちょっと過ごしづらい天候ですね(+o+)

またコロナ禍でもあり、ストレスを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、ストレスも要因のひとつと考えられている「乾癬(かんせん)」についてお話します✾

看護師

<乾癬ってどんな病気?>

「乾癬」とは、皮膚が赤くなって盛り上がり、その表面が銀白色の皮膚の粉で覆われて

ポロポロと剥がれ落ちる皮膚の病気です。

患者さんによって症状の出る部位はさまざまで、関節に痛み、腫れが出ることもあります!

症状は長く続き、良くなったり悪くなったりを繰り返します。

<症状は?>

紅斑(こうはん):皮膚が炎症を起こして赤みを帯びている

肥厚(ひこう):皮膚が厚みを増して盛り上がっている

鱗屑(りんせつ):銀白色の皮膚がポロポロと剥がれ落ちる

全身のどこにでも出ますが、

擦れやすいところ(頭皮、生え際、肘、膝、腰まわりなど)に出やすいのが特徴です。

あたま

その他に、爪が濁ったり凸凹したり、かゆみがみられることもあります!

<原因>

はっきりとは、わかっていません。

「乾癬」になりやすい体質(遺伝的素因)があるということは分かっており、

この体質に飲酒、喫煙、ストレス、感染症、外傷、薬剤などの

複数の環境因子が加わることで発症するのではないかと考えられています☝

ストレス

<治療>

症状を軽くするための治療(対症療法)が中心です。

治療には、塗り薬飲み薬など、さまざまな方法があります。

患者さんの年齢やライフスタイル、症状の重さに合わせて決めていきます❢

集まる人

また先ほど述べた飲酒喫煙ストレスなど、乾癬を悪化させる要因

日常生活からなるべく取り除くことも大切です(*’▽’)

気になる症状がある方は、お気軽にご相談ください✨

看護師お辞儀

参考:レオファーマ株式会社 協和キリン株式会社「乾癬の治療ハンドブック」

横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅 あやめ皮フ科スキンケアクリニック
土日診療 予約不要

 

2021年2月26日10:49 AM

放置しないで!かかとのガサガサ

寒くて乾燥する日が続きますね⛄

靴下・タイツを履くときなど、かかとの乾燥が気になる方も多いと思います❢

今回は「かかとのガサガサ」についてお話します

かかと がさがさ いらすと

 

 

<どうしてかかとがガサガサになるの?>

かかとのガサガサは、乾燥や、血行不良による肌のターンオーバーの乱れが原因と言われています。

他にも、たくさん歩く方やサイズの合わない靴を履いている方などは、
足のお肌に刺激や摩擦を与えてしまい、かかとがガサガサになってしまいます👞

 

かかとのガサガサを放置していると次第にひび割れてしまい、出血や痛みなどの症状が出る場合があります⚠

 

<ガサガサになったらどうすればいいの?>

「ガサガサは削ってとる!」というのも一つのケアですが、
無理に行うと傷をつくってしまったり、ガサガサをよりひどくしてしまう可能性もあります😞

削る方法以外には、
サリチル酸ワセリン”や”尿素配合クリーム”といった塗り薬で硬い角質をやわらかくする方法があります🐾

 

「かかとのガサガサが、実は水虫だった😨」ということもありますので

放置せずに、気になる方は一度ご受診ください🏥

 

 

今年の冬こそガサガサ対策をして、ツルツルのかかとを手に入れましょう♪

きれいな足

 

 

横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

土日診療 予約不要

 

2021年2月15日11:15 AM

「しもやけ」に気をつけて!

本格的な寒さが続き、指先や足先の冷えを感じるようになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな季節に心配になってくるのが、しもやけですね☃

今回は「しもやけ」についてお話いたします

sick_te_shibire

<しもやけってどんな状態?>

「しもやけ」は医療用語で『凍傷』といいます。

しもやけの症状は、肌の赤み腫れかゆみジンジンする感覚などです。

ひどい時には水ぶくれを起こすこともあります(*_*)

入浴などにより痒みが強くなることも特徴です。

 

手足になることが多く、外出時に肌が出ている顔や耳もできやすいです。

子供に多い病気ですが、女性では大人になっても繰り返す人もいます。

 

<しもやけってどうして起こるの?>

しもやけは、なりやすい方となりにくい方がいらっしゃいますが、冷たい空気にさらされることが主な原因です(+o+)

寒さで血行が悪くなり、そこから生じる炎症が「しもやけ」です❅

 

最低気温が5℃前後で、昼夜の気温差が大きい時期に発症しやすくなると言われています❢

また、手袋や靴下でむれて手足の湿度が高かったり、濡れたまま放っておくと、

お肌の表面温度が下がって、しもやけを起こしやすくなります。

 

<しもやけを予防するには?>

寒い日の外出時には、手袋、マスク、耳当て、防止などの防寒具でしっかりと冷気を避けましょう

他にも、先の狭い靴や高いヒールの靴は、足先の血行不良を招くため、注意が必要です❢

スニーカーなどの圧迫の少ない靴がおすすめです(^^♪

さらに、汗をかいたり雪で濡れた衣服や防寒具は、できるたけ早く取り換えましょう❢

防寒 いらすとや

 

しもやけに対して当院では、血行を良くする塗り薬などで治療を行っております

気をつけていても、しもやけになってしまったら、お気軽にご相談ください♫

 

 

横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅
あやめ皮フ科スキンケアクリニック
土日診療 予約不要 しもやけ

2021年2月5日11:49 AM

冬の乾燥に負けない!スキンケアについて

まだまだ寒い日が続きますね⛄

今年の冬はマスクのせいでお顔の乾燥が気になる…
家にいる時間が長いためエアコンでお肌が乾燥する…

こんなお悩みをお持ちの方が多いと思います(*_*)

 

今回は「乾燥肌のスキンケア」についてお話いたします

ゆき いらすと

 

 

<肌が乾燥するとどうなるの?>

乾燥肌とは、お肌の水分・皮脂が不足して潤いがなくなっている状態です(+o+)
入浴後や洗顔後に肌がつっぱる全身がカサカサする、などの症状がみられます。

お肌が乾燥することで、皮膚のバリア機能が十分ではなくなるため、
かゆみ湿疹かぶれを引き起こしやすくなります。

 

<乾燥肌はどうスキンケアすればいいの?>

お肌のバリア機能を保つには、
●洗顔
●保湿
●紫外線予防
が必要です❢

洗顔
低刺激性の洗顔料やクレンジングを選び、やさしく洗いましょう

洗顔

保湿
洗顔後は水分や保湿成分がお肌に浸透しやすいタイミングです。
洗顔後すぐに化粧水、乳液、保湿クリームなどで保湿を行いましょう❢

皮脂がつくられるまでには時間がかかるため、化粧水で補給した水分は、やがて蒸発してしまいます(*_*)
蒸発を防ぐため、化粧水のあと乳液保湿クリーム油分の膜をつくります✨

肌がデリケートな状態のときは、手のひらに広げて肌を軽く押さえるように、やさしくなじませましょう◎

化粧水

紫外線予防
紫外線(UV)を浴び続けると、シミ・黄み・くすみ・乾燥の原因になることがあります(+o+)
日焼け止めを使用し、紫外線ダメージからお肌を守りましょう❢

日焼け止めはクリームタイプでパール粒2個分が目安です。
しかし、実際は目安よりも少量しか塗っていない方が多いようです⚠
正しい量を使用し、4~5時間おきに塗り直しましょう

日焼けグッズ

 

正しいスキンケアで冬の乾燥に負けないお肌を手に入れましょう❢

市販の保湿剤で改善が見られない方、何を選べばよいか迷っている方、一度当院へご相談ください☺

つるつる イラスト

 

 

参考:持田ヘルスケア株式会社「敏感肌の方に すこやかな肌を守るスキンケアBOOK」

横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

土日診療 予約不要

2021年1月26日9:51 AM

粉瘤(ふんりゅう)とは?

1月に入り寒い日が続きますね☻

体調を崩しやすい季節だと思います💦

今回は、体調の変化にも影響される粉瘤(ふんりゅう)という病気についてお話します!

〈粉瘤(ふんりゅう)とは〉

粉瘤は、体のどこにでもできる良性の皮膚腫瘍です☝

アテロームとも呼ばれます。

皮膚の下にできたの中に、アカや皮脂などが溜まってできます。

〈原因は?〉

ほとんどの粉瘤の原因はわかっていません。

まれに外傷が原因になることがあります。

〈症状は?〉

はじめはサイズが小さく目立たないことも多いですが、

中身(アカや皮脂)が外に出られず、どんどん溜まっていくと

粉瘤の袋も少しずつ大きくなっていきます🎈

また粉瘤には小さな穴があり、そこに細菌が入り感染することもあります。

感染した粉瘤は腫れて赤くなり、痛みを感じます。

放置していると、膿(うみ)が出てくることもあります。

〈治療は?〉

パンパンに腫れている時は、膿(うみ)を出す手術をします。

しかしそれは中身を出しただけになるので、袋ごと取り出す手術もあります。

診察のみは予約制ではありませんが、この手術の場合は予約が必要です💡

事前に手術説明や術前採血がありますので、ご希望の場合はまずご来院ください❁

注射

また自分で潰すと、傷跡が綺麗に消えにくくなってしまいますので、

気になる症状がある方は、早めにご受診ください🌼

看護師

あやめ皮フ科スキンケアクリニック
横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅
土日診療 手術 粉瘤(ふんりゅう)

2021年1月18日11:52 AM

なんだかチクチク?その痛み、帯状疱疹!?

本格的に寒い日が続きますね⛄

年末年始は、大掃除やお仕事の繁忙期でお疲れの方も多いと思います(*_*)

年始 いらすと

体の片側にチクチク・ピリピリとした痛みがあり、皮膚が赤くなった、小さな水ぶくれができた、等の

症状がある方は「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」かもしれません

今回は、疲れた時に発症しやすい「帯状疱疹」についてお話します❣

 

<帯状疱疹ってどんな病気?>

20~30歳60歳以上の方に多くみられます❣

水ぼうそうのウイルスが原因で発症する病気です。

子どもの頃にかかった水ぼうそうのウイルスは、治癒した後も神経に隠れています。

過労老化病気体力低下などが原因で免疫力が下がった時、

隠れていた水ぼうそうのウイルスが神経にそって(体の片側)、皮膚と神経を攻撃します(>_<)

菌 イラスト

 

<どんな症状が出るの?>

多く場合は下記①~⑤のような経過をたどりますが、個人差があります❣

①神経にそって、体の左右どちらかにチクチク・ピリピリする痛みが起こる

②しばらくしてその部分が赤くなる

③小さな透明な水ぶくれが集まってでき、やがて濁って時には黄色くなる

④2~3週間で黒っぽいかさぶたになり、4~6週間でかさぶたが取れて治っていく

⑤痛みは皮膚の症状とともに消える

皮膚の症状が治まっても神経痛が続くことがありますので、その場合は医師にご相談ください

 

<どんな治療をするの?>

主に「抗ウイルス薬」という帯状疱疹の原因であるウイルスが増えるのを抑えるお薬を使用します。

一般的には飲み薬ですが、塗り薬を使うこともあります。

できるだけ早く治療を開始するのが理想的です

 

<帯状疱疹になったら日常生活はどうするの?>

・早く治すために十分な栄養と休養をとりましょう

アルコールは控えましょう

→血管が拡張して炎症がひどくなる場合があります。

小さなお子さん妊婦さんにはできるだけ接触しないようにしましょう

→水ぼうそうにかかったことのない人は水ぼうそうとしてうつることがあります

 

その他の注意点に関しては、ご受診された際に詳しくお伝えいたします

お気軽にご相談ください

 

看護師

 

帯状疱疹の予防接種についてはこちらをクリック→帯状疱疹(たいじょうほうしん)の予防接種

 

参考:グラクソ・スミスクライン株式会社「帯状疱疹といわれたら・・・」第5版

横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

土日診療 予約不要

 

2021年1月5日10:00 AM

水ぼうそう(水痘)とは?

12月に入り、本格的に寒い日が続きますね…!

体調を崩しやすい時季かと思います😨

今回は、冬から春にかけてかかりやすい病気

水ぼうそう(水痘)」についてお話させて頂きたいと思います☝

〈水ぼうそうとは?〉

10歳以下の子どもによくみられる感染症です。

原因は水痘・帯状疱疹ウイルス

正式には「水痘(すいとう)」と呼ばれるものです💡

〈症状は?〉

子どもの場合、38度前後の熱が続く中、全身に赤く小さな発疹がブツブツとでき

この発疹が胸やお腹から、頭や足、顔、口の中と全身に広がります。

その後1週間ほどかけてかゆみの強い水ぶくれになり、かさぶたへと変化していきます

赤く小さな発疹は次々とできるので、水ぶくれかさぶたと一緒にある事も多いです。

アトピー湿疹男の子

大人の場合は、発疹の前から全身の倦怠感発熱があることも💦

子どもと比べて熱は高く発疹のかゆみも強くなることが多いといわれています(+o+)

〈どうやって感染する?〉

水ぼうそうの感染経路は、さまざまです。

空気感染(空気中のウイルスを吸うことで感染)

飛沫感染(咳やくしゃみなどを通じて感染)

接触感染(感染源に直接ふれることで感染)

母子感染(胎内で感染)

潜伏期間は感染から2週間程度といわれています☝

感染力が強いため、1人が感染すると家族間や幼稚園などでも流行しやすいです…!

 〈治療は?〉

発疹のかゆみを和らげるためのぬり薬

ウイルスを抑える抗ウイルス薬のみ薬で治療していきます。

〈予防法は?〉

水痘ワクチンが定期予防接種で受けられます✨

(当院では行っていないため対応医療施設をお探しください。)

1回目の接種を1歳過ぎに行い、それから3か月以上あけて2回目を接種します。

注射

かゆみが強く皮ふを掻きむしると、その傷に細菌が入り込んで

感染症を引き起こすことがあるため、爪を短く切っておくことも大切です❁

気になる症状がある方は、早めにご受診ください◎

看護師お辞儀

2020年12月16日12:23 PM

疥癬(かいせん)になったらどうすればいいの?

12月に入り、寒い日が続きますね
お家でゆっくり過ごされる方も多いと思います⛄

ふゆ イラスト

なんだか身体がかゆい、ポツポツと赤い点がある、小さな皮剥けがある…
このような症状が出ている方はいらっしゃいませんか?

 

秋冬疥癬(かいせん)が流行しやすい季節で、特に病院高齢者施設養護施設で働いている方、そのご家族は注意が必要です(*_*)

今回は、ご自分や周りの方が「疥癬」になった時の注意点についてお話いたします。

「疥癬(かいせん)」についてはこちらをクリック→そのかゆみ、もしかして疥癬(かいせん)?

 

<疥癬の治療>

治療には、ヒゼンダニを殺すことを目的とした塗り薬、または飲み薬が使われます。

お薬の使い方ややめる時期については医師の指示がありますので、ご受診ください

ぬり薬イラスト飲み薬

<ご家族や周りの方が疥癬になってしまったら>

①通常疥癬

・長い時間、肌と肌が直接触れ合わないように

・同室で布団を並べて寝ない

・タオルなど肌にふれるものを一緒に使用しない

②角化型疥癬

・なるべく個室を用意する

・感染力がとても強いので、接する時は予防着や手袋を着用する

・衣類や寝具はこまめに交換し、取り扱いは別にする

・洗濯物は他の方と別に扱い、乾燥機を使用するか50℃以上のお湯に10分以上浸した後に洗濯する

 

 

疥癬は人にうつすことのある病気です(*_*)

症状に心当たりのある方はお早めにご受診ください

看護師お辞儀

参考:マルホ株式会社 「疥癬のおはなし」パンフレット

横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

予約不要 土日診療

 

2020年12月4日2:55 PM

そのかゆみ、もしかして疥癬(かいせん)?

12月に入り、寒い日が続きますね
お家でゆっくり過ごされる方も多いと思います⛄

冬 いらすと

なんだか身体がかゆい、ポツポツと赤い点がある、小さな皮剥けがある…
このような症状が出ている方はいらっしゃいませんか?

 

秋冬疥癬(かいせん)が流行しやすい季節で、特に病院高齢者施設養護施設で働いている方、そのご家族は注意が必要です(*_*)

今回は「疥癬」についてお話いたします。

 

<疥癬ってどんな病気?>

ヒゼンダニ(疥癬虫)という小さなダニが人の皮膚に寄生していおこる、かゆみを伴う皮膚の病気です。

この病気には、①通常疥癬(つうじょうかいせん)と呼ばれるものと、
他の人に感染する力が強い②角化型疥癬(かくかがたかいせん)別名「ノルウェー疥癬」と呼ばれる2種類があります。

 

<疥癬の症状は?>

①通常疥癬

・背中やおなか、陰部、太もも、腕の内側、指の間といった皮膚のやわらかいところに小さく赤いポツポツが出る

激しいかゆみ(特に夜間)

指の間手のひら線のような湿疹

・爪が白く分厚くなる

②角化型疥癬

 角質が厚くなり、アカが増える

kayui

 

 

<ヒゼンダニってどんなダニ?>

ヒゼンダニとは、とても小さなダニなので直接目で見ることはできません。

卵からかえって幼虫→若虫→成虫と成長していきます。

卵は3~4日でかえり、10~14日で寿命をむかえます。

手首や手のひら、指の間、肘、わきの下、足首や足の裏、外陰部などに

疥癬トンネル」と呼ばれる横穴を掘り、卵を産みつけます(*_*)

ヒゼンダニは、人の体温がいちばん生活に適しており、

人の肌から離れた場合は長く生きられません❣

また、高熱や乾燥に弱く、50℃以上の環境に10分以上さらされると死ぬことがわかっています。

ダニ

 

 

<どうやってうつるの?>

①通常疥癬

・直接:長い時間、肌と肌がふれあう

例)看護や介護で、患者さまを抱きかかえる等の接触

・間接:疥癬の方が使用した寝具や衣類などを交換せずに、すぐに他の人が使用する

②角化型疥癬

感染力が強いので、短い時間の接触、衣類や寝具を介した間接的な接触などでも感染します(+o+)

皮膚から剥がれ落ちたアカや角質も感染の原因になることがあります!

 

<潜伏期間は?>

①通常疥癬

症状の出ない潜伏期間が約1~2か月あります。

②角化型疥癬

通常疥癬よりも早く症状が出始めることがあります。

 

 

疥癬は人にうつすことのある病気です(*_*)

症状に心当たりのある方はお早めにご受診ください

 

 

疥癬の治療生活の注意点を詳しく知りたい方は

こちらをクリック→疥癬(かいせん)になったらどうすればいいの?

 

 

参考:マルホ株式会社 「疥癬のおはなし」パンフレット

横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

予約不要 土日診療

2:46 PM

帯状疱疹(たいじょうほうしん)の予防接種

11月に入り、空気が冷たく感じますね❣

体調を崩しやすい時期になってきました(*_*)

免疫力低下や加齢などが原因となって発症する帯状疱疹(たいじょうほうしん)

という病気を聞いたことある方も多いと思います💡

この病気に予防接種があるのをご存知ですか?

今回は帯状疱疹(たいじょうほうしん)予防接種について

お話したいと思います❣

注射

〈そもそも帯状疱疹って?〉

みずぼうそう(水痘)」にかかったことのある人に発症する感染症です。

80歳までに約3人に1人がかかると言われています😲

詳しくはこちらの記事をご覧ください❣

〈予防接種はどんなもの?〉

子どものみずぼうそう(水痘)予防に使用されてるワクチンと同じものです☝

予防効果は、接種から約5年間続くと言われています💡¹⁾

帯状疱疹(たいじょうほうしん)を完全には防ぎませんが、

予防接種をしない場合に比べて発症を抑えることができます✨

(60歳以上は51.3%減ったという報告があります!²⁾)

〈いつ接種できるの?〉

50歳以上の方が任意接種の対象です。

体調が良ければ時期を問わず接種することができます(^^♪

(持病のある方はご相談ください。)

費用は自己負担で8,400円、接種は1回です。

ワクチンはお取り寄せになるので

ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください🌼

看護師

参考:BIKEN阪大微生物病研究会 田辺三菱製薬株式会社「50歳を過ぎたら気をつけたい帯状疱疹のはなし」

1)Schmader KE,et al.Clin Dis.2012;55(10):1320-8.

2)Oxman MN et al.N Engl Med.2005;352(22):2271

 

あやめ皮フ科スキンケアクリニック
横浜市鶴見区 JR鶴見駅 京急鶴見駅
土日診療 予約不要 帯状疱疹 予防接種

2020年11月10日12:11 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

お電話でのお問い合わせは045-508-2121

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中   診療中 診療中 診療中
15:00~19:00 診療中 診療中 診療中   診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※木曜・祝日は休診